友達をやめる時

「へぇ〜」一体なんだろう?って思って。それで夜、思い切ってその気持ちをぶつけてみた。

投稿日:

610 :名無しさん@おーぷん 19/11/27(水)21:59:23 q3F
もう5年ぐらい前の出来事なんだけど、
久しぶりにA子から温泉旅行のお誘いがあって、喜んでOKした。
で、旅先の露天風呂に浸かってる時に、私のおっぱいを見て
「そんなふうになったんだ。ふーん」って、なんかちょっと半笑いだったんだよね。
私、その年の2年前に乳癌の手術していた。
部分切除で済んだけど右のおっぱいに今も大きな傷がある。
ステージ1で転移も無かったから、当時も特に問題も不安もなかった。
「やっぱそういうおっぱいになってショック?」って聞かれて
「そりゃあショックじゃないって言ったら嘘になるけど、
早期に見つかってこんな程度で済んだからラッキーだったよ」って言ったら
「そう言うことじゃなくて、やっぱりおっぱいに傷って女性として何かさ」って。
「何かって何?だって気にしても仕方ないし、結婚もして子供も産んで今更とも思うしさ」
「でも私だったら再建術って言うの?あれ、するけどね」
「全摘だったらやったかも知れないけど、あれはあれで大変な手術みたいだしね」
「へぇ〜」
・・・って、そういうふうな会話があった。
それがずっと気になって、て言うかその話してる時のA子、終始ニヤニヤしてたのよね。
一体なんだろう?って思って。
それで夜、思い切ってその気持ちをぶつけてみた。
「お風呂でのあれ、何だったの?心配してくれたわけじゃないよね?」
って言ったら、
「いやーまさか温泉旅行OKすると思わなかった」って。
え?え?なにそれ?どういう意味?って思った。
そしたらA子が「まぁいつか言おうと思ってたんだけどね」って。

A子とはそれ以前にも2度一緒に旅行したことがあった。
「その旅先でお風呂に入った時、私のこと馬鹿にしてたでしょう」って言われた。
全く意味が分からなかった。
A子が言うには、私はどっちかって言うと痩せ型なんだが
A子はハッキリとメタボ体型。お腹は3段になっている。
それを馬鹿にして見てたって言うんだ。
一緒にお風呂に入ってたらそこに目が行くことはあったかもしれない。
それを見たら太ってるなとも思っただろう。たぶん。
だけど服を着てても普段から太ってる人だから
裸になったら痩せてるわけもなく、別に驚きもしないし
まして馬鹿にするなんて考えたこともなかった。
第一、そんなことを馬鹿にするようなら一緒に旅行なんかしないし。
だけどA子は私が馬鹿にして見てるって、2度までは我慢したけど
もう一緒に旅行するのは嫌になって、それで誘うのやめたんだったらしい。
それを聞かされて、「え?・・・ってことは、また誘ってくれたのは
私の手術痕を馬鹿にするために誘ったの?」ってダイレクトに聞いたら
「どう?馬鹿にされる気持ち、わかった?」って言われたわ。
「これで"あいこ"ね」って。
なんか、不思議なぐらい怒りはなかった。
ただ、このあとA子とは一切口をきかなかった。
「おやすみ」も「おはよう」も言わない。

611 :名無しさん@おーぷん 19/11/27(水)21:59:33 q3F
翌朝黙々と朝ごはん食べて、荷物を纏めて先にチェックアウトした。(代金は支払い済み)
旅館からタクシーで真っ直ぐ駅に向かって何本も早い新幹線で帰ってきた。
多分A子もあんなこと言った以上、これからも付き合うつもりは無かったんだろうと思う。
それ以降一切お互い連絡も取り合ってなかった。
わざわざお金掛けて、こんなところまで来て仕返しか。
意外と執念深い人だったんだな。なんて思ってた。

あれから5年経って、この間A子から手紙が届いた。(メールアドレス変えてるし)
A子、日帰りドックで乳がんが見つかったらしい。
私よりずっと進行したステージで全摘したそうな。
自分が酷いことしたと今になって悔やんでる。きっと罰が当たった。
当たって当然なことをしたと思ってる。ごめんなさい。
許して欲しいとは思わないし無理だろうけど、でも謝りたかった。
そういう謝罪の手紙だった。
こんな手紙貰っても何も心に響かない。
思った事と言えば、乳がんの患者増えてんなーってぐらい。
こういう手紙貰っても本人の自己満足だって意見を見聞きするけど
自分がそれを受け取ってみて、同じ感想しかなかった。

612 :名無しさん@おーぷん 19/11/28(木)00:39:56 K2E
お乳の進行癌で全摘なら再発率も高そうだしA子のメメント・モリってことなんだろうね
バチなんて言われた側の気持ちはやっぱり考えられないでいるところなんか
人の性根はやっぱり一生ものなんだなあ
引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1502069819/

-友達をやめる時

Copyright© ママのお勉強! , 2020 All Rights Reserved.